ドラッグ&ドロップだけでファイル暗号化→自動で仕分けする文書管理システム

S-Copセキュアキャビネット

ランサムウェア対策にも。ドラッグ&ドロップだけでファイル暗号化→自動で仕分けする文書管理システム

概要

S-Copセキュアキャビネットとは

S-Copセキュアキャビネットは、機密情報の流出や著作物・提案書等の不正使用を防ぐ知的財産保護ソリューション「S-Copマジックペーパー」を文書管理に応用した製品です。使い方はS-Copセキュアキャビネットのアイコンにファイルをドラッグ&ドロップするだけの簡単操作。後はファイルを暗号化し、自動的に仕分けされます。

格納されたファイルはグループやユーザーごとに閲覧・削除・印刷・編集などの機能を制限することが可能。もちろん、ファイルを持ち出す際にはファイルをマジックペーパー化することができます。またファイルのアクセスに対して「誰が・いつ・どのPCから・何を・どうしたか」といった詳細なログを取得できるため、ファイルの不正使用を防止することができます。

S-Copセキュアキャビネットは、ファイルの一元管理と暗号化によるセキュリティ強化をより簡単に実現します。



S-Copセキュアキャビネットは、このような用途に最適です

  • 社内での利用はもちろん、モバイル端末を利用した社外からのアクセスに
  • 育児中の在宅勤務に
  • 感染症の世界的流行(パンデミック)や自然災害の発生時など、出社が困難な場合の在宅勤務に
  • ファイルの一元管理と暗号化によるセキュリティ強化に
  • 不正プログラムによってPCを使用不能にしたのち、元に戻す条件に身代金を要求する「ランサムウェア」対策に



主な特長

  • 特別な操作は一切不要
  • アイコンにファイルをドラッグ&ドロップするだけで操作完了。後はS-Copセキュアキャビネットがファイルを暗号化し、自動的に仕分けされるため、特別な操作は一切不要です。

  • ファイルの不正使用を防止するための各種設定が可能
  • S-Copセキュアキャビネットに格納されたファイルはグループやユーザーごとに閲覧・削除・印刷・編集などの機能を制限することが可能です。またファイルを持ち出す際にはファイルをマジックペーパー化することができます。
    またファイルのアクセスに対して「誰が・いつ・どのPCから・何を・どうしたか」といった詳細なログを取得可能です。

  • ファイルを暗号化したままで閲覧・編集が可能
  • 従来の暗号化ツールではファイルの閲覧・編集時には復号化(=平文に戻す)しなければなりませんでしたが、S-Copセキュアキャビネットはマジックペーパー技術により、暗号化したままで閲覧・編集が可能です。



操作方法

Step 1

ログイン画面
》ログイン

セキュアキャビネットのアイコンをダブルクリックすると、ログイン画面が現れます。ユーザーIDとパスワードを入力すると、各ユーザーまたはグループごとに割り当てられたセキュリティ領域にアクセスします。

Step 2

セキュリティ領域画面
》セキュリティ領域

セキュリティ領域では、保管されているファイルを一覧で確認することができます。割り当てられていない領域は見ることができません。ファイルをセキュリティ領域から取り出す際は、マジックペーパー化して取り出すことが可能です。



管理設定

セキュリティポリシー設定

セキュリティポリシー設定画面
》設定確認

ユーザーまたはグループごとにファイルの閲覧・編集・印刷・承認・削除・クリップボード・プリントスクリーン・マジックペーパーの取り出しなど、許可 / 不許可を簡単に設定できます。

行動履歴

他社システム(ファイアーウォールに穴を開ける方式)
》ログ

各ユーザーやグループの行動履歴をログとして記録し、一覧表示することができます。全てのログはCSVで保存可能です。



システム構成

システム構成


動作環境

S-Copセキュアキャビネット サーバシステム

項目 内容
OS RedHat系 Linux, CentOS5
CPU Pentium4 2GHz以上を推奨
メモリー 最低1GB以上、2GB以上を推奨
HDD 最低50MB以上の空き容量が必要。
サーバで保管されるファイル容量に相当する空き容量が必要。
その他 JDK1.4.2、Tomcat4.1、PostgreSQL8.1


S-Copセキュアキャビネット クライアント

項目 内容
OS Windows Vista(32bit)、Windows 7(32bit)、Windows 8.1(32/64bit)
CPU お使いのOSが快適に動作する環境以上
メモリー お使いのOSが快適に動作する環境以上
HDD クライアントソフトウェアのインストールに10MB程度の空き容量が必要です。
ファイル閲覧時にはシステムドライブに元データのファイルサイズの2~3倍程度の空き容量が必要です。
その他 .NETフレームワーク v.1.1が必要
Microsoft Office 2000/2003/2007が必要
Microsoft Internet Explorer 6.0以降が必要

製品ラインナップ

S-CopマジックペーパーSP
S-Cop
マジックペーパーSP

機密情報の流出や著作物・提案書等の不正使用を防ぐ知的財産保護ソリューション

S-Copセキュアキャビネット
S-Cop
セキュアキャビネット

ドラッグ&ドロップだけでファイルを暗号化→自動で仕分けする文書管理システム

S-Copポストマン
S-Cop
ポストマン

添付ファイルを自動で暗号化。著作物の拡散と二次利用を防止するメールソリューション

S-Copシェルター
S-Cop
シェルター

東京都庁で認められた安全性。マジックペーパー技術がUSBメモリーで手軽に利用可能